家の模型

自宅でも可能な防犯対策にはワイヤレス|設置費用を抑えたい方へ

防犯への抑止力として

家とカギ

泥棒が屋内に侵入するルートとして、最も多いのは玄関からだとされています。玄関にあるドアを何らかの形で破戒して、それにより侵入を成功させるようです。そのため、できるだけ自宅にあるドアの鍵は、防犯性が高いものを使用する必要があります。また、ドアそのものに工夫を加える必要があるのです。

侵入の手口として一般的なものは、ピッキングだとされています。これはドアノブに特殊な器具を挿入して、ドアをこじ開けるという方法です。防犯性の低い鍵になると、わずか1分以内で開かられてしまう可能性があります。それを防ぐためには、鍵屋にお願いして鍵交換を行なうことが有効的です。防犯性の高い鍵というのは複数ありますが、どの地域にどのような鍵が合っているかというのは、それぞれ違いがあります。たとえば、自分の住んでいる地域の犯罪率が高い場合、そこではより高性能な鍵が必要になります。どのような鍵交換を行なうべきかを、その地域の鍵屋に聞いてみることが効果的だといえます。また、鍵交換をせずにドアに工夫を加えて、鍵穴を増やすというのもいいでしょう。鍵が複数あると、泥棒はそれだけ攻略しなくてはならない鍵が増えるため、侵入に時間がかかってしまいます。侵入を第三者に目撃されると、それだけ捕まる確率が上がることになります。そのため、ピッキングに時間がかかり過ぎた場合は、侵入を途中で諦めるかもしれません。また、そのような鍵は侵入そのものが難しい可能性があるため、泥棒への抑止力になることがあります。ピッキングされた鍵は破戒されていることが多いので、もしそうなった場合は、鍵屋に鍵交換を依頼することが大切です。