一軒家

自宅でも可能な防犯対策にはワイヤレス|設置費用を抑えたい方へ

選び方を知っておこう

ガードマン

警備会社を選ぶときは、基本的に自宅から近い場所を選ぶことが大切です。そうすることによって、犯罪などが発生した際に急いで駆けつけることができます。また、適度に忙しい会社を選ぶことも、早く到着してもらうためには大切です。

詳しく見る

設置費用を抑えたい方へ

セキュリティカメラ

防犯カメラには様々な種類のものがありますが、最近はワイヤレス型のものが人気となっているようです。一般的なケーブル型とワイヤレス型の違いは、何といってもその設置の楽さだとされています。実はケーブル型の防犯カメラは、素人では設置が難しいとされています。カメラと録画機材をケーブルで接続する必要があるため、その作業はとても複雑になるのです。素人がそれをやろうとすると、接続ミスでカメラが壊れてしまう可能性があります。せっかく購入したカメラを壊すと大変なので、できるだけ接続工事は業者などに依頼することが大切です。しかし、これでは工事代金がかかってしまいます。防犯カメラは決して安くはありません。カメラ代に加えて、工事費まで出費するようになると大変です。工事費などを抑えたいと考えている方は、ワイヤレス型のカメラを選ぶといいでしょう。ワイヤレス型は無線なので、録画機材との接続工事をする必要がありません。最新型のものは、パソコンに録画映像が保存される仕組みを持っているため、録画機材そのものを購入する必要もありません。このように、ワイヤレス型はケーブル型と比較すると、とてもリーズナブルなものだと言っていいでしょう。

ワイヤレス型だと電波の状況によっては、映像が途切れる心配している方がいるようです。確かに、何らかの不具合によって、ワイヤレス型は映像が鮮明に映らなくなることがあります。犯罪の瞬間を映すために購入した防犯カメラが、その役割をきちんと果たさないと大切です。これが心配な方は、ワイヤレス型のなかでもSDカードに録画するものを選ぶよいいでしょう。これは電波を通して録画機材やパソコンに保存されるものではなく、写された映像はSDに保存される仕組みです。カメラ自体が壊れない限り、確実に映像を記録することができます。このように防犯カメラには様々なものがあるため、家庭状況に合ったものを選択することが大切になります。

狙われやすい場所とは

鍵

泥棒に狙われるのは人気のない住宅が多いですが、閉店中の個人商店なども狙われやすいので注意が必要です。自分たちに相応しい鍵での防犯対策をするためには、鍵屋に相談してみることが大切です。

詳しく見る

防犯への抑止力として

家とカギ

防犯性の高い鍵交換を行なうことで、泥棒の侵入を遅らせることが可能です。また、そのような鍵自体が犯罪への抑止力を持っているので、泥棒そのものを防ぐことができます。このような交換作業は鍵屋に依頼しましょう。

詳しく見る